忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017年07月25日  01時44分
結婚指輪つぶし最後の共同作業…「離婚式」人気
CATEGORY : [ニュース]
厚生労働省によると、昨年の離婚件数は25万3353組で、2分4秒に1組が別れている計算だ。

 東京では昨今、「離婚式」が人気を集めているという。離婚式を再出発のための区切りにしたいということらしい。

 8月下旬、東京・浅草。2台の人力車に別々に揺られた男女が到着したのは「離婚屋敷」だった。参列者は20~30代ぐらいの15人。正装の人や「御終儀」と大書された祝儀袋を持つ人も。ここで離婚式が始まるのだ。

 会場は古い民家のガレージを転用した。冒頭、友人代表の女性(28)が「正直どう言っていいか悩みましたが、離婚しても友達でいてください」とあいさつ。しんみりムードが漂う中、夫婦は目の前に置かれた結婚指輪を見つめ、一緒にハンマーを握った。式を主催する千葉県浦安市の寺井広樹さん(30)が厳かに言う。

 「二人で行う最後の共同作業ということになります」

 次の瞬間、夫婦はハンマーを振り下ろした。ぐにゃり。指輪は折れ曲がった。

 その指輪をカエルの形をしたモニュメントに入れ、式は終了。友人代表であいさつした女性は、「お葬式とも違う悲しみがありますね」と戸惑い気味に語った。

 夫婦は2003年10月に結婚。6歳の長男がいる。

 会社員の夫(34)と、居酒屋で働いていた妻(32)は生活がすれ違い、夫の浮気も発覚。約1年前から離婚に向けた話し合いを続けてきたという。式後、夫は、「指輪をつぶすことでスッキリした」と笑顔を見せた。

 元派遣会社社員の寺井さんが離婚式を個人で始めたのは昨年4月。評判は広がり、今年3月からは旅行会社と組んで「離婚式ツアー」を始めた。これまで計54組が式を挙げ、来月下旬まで予約が埋まっているという。

 都内のパート女性(41)は昨年12月、離婚から10年の節目に式を挙げた。「2人の息子を育ててきた自分への区切りだと思って申し込んだ。次の人生のステップになった気がします」と振り返る。

 寺井さんは、「式を挙げたことで友人たちから励まされ、逆に離婚を思いとどまるご夫婦も1割程度いるんですよ」と話す。

<読売新聞より>

今はいろいろな考え方があるのだなと思った記事。
夫婦じゃなくても元彼のプレゼントとかはどうするのかなと気になる私。
そうそうブランドものを質屋で現金にかえてるところをテレビでやっていたっけ。
あ、あれは分かれていなくてもそうしてたな。
同じものを持っているからばれないって・・・さ。
まあさすがに結婚指輪だけは自分でどうにかしなきゃだね。
PR

2010年12月04日  20時45分
<<伊藤容疑者、事件当日の夜「呼び出された」 | HOME |尖閣映像流出 機密漏えい厳罰化を検討>>
TRACKBACK
トラックバックURL

<<伊藤容疑者、事件当日の夜「呼び出された」| HOME |尖閣映像流出 機密漏えい厳罰化を検討>>
忍者ブログ[PR]