忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017年08月19日  16時14分
住宅リフォーム 明朗会計
CATEGORY : [トピックス]

◆面積×単価+オプション

 大手不動産会社や住宅メーカーなどが、床面積に応じてあらかじめ料金を決める一戸建て住宅の定額制リフォーム商品を次々に売り出している。これまでは、完成後に多額の追加料金を求められるなどして、業者と利用者とのトラブルも多かったという。定額制なら料金もわかりやすく、依頼しやすい。

 各社の定額リフォームは、坪単価(3・3平方メートルあたりの価格)が約20~30万円。延べ床面積が大きいほど単価は下がる。主に外壁の塗り替え、フローリングの張り替えや台所、風呂場の設備の更新などが組み込まれている。工事の期間は30坪(約100平方メートル)で45日前後のケースが多い。

 住友不動産の「新築そっくりさん」は大手で初の定額制商品。内外装のリフォームのほか、耐震補強工事も定額制のサービスに含まれる。首都圏で40坪(約132平方メートル)以上の場合、坪単価は21万円。オプションとなる増築や間取り変更も個別の定額制を用意。増築なら1坪(3・3平方メートル)あたり45万円、間取り変更は同10万円だ。

 東急不動産グループの東急アメニックスが提供する「暮らしアップ」は、延べ床面積に応じて総額が決まる。30坪(約100平方メートル)で840万円、40坪(約132平方メートル)で966万円。オプションでデザイン性の高い3種類の内外装デザインも選べる。約270万円の追加料金がかかるが、システムキッチンや洗面台なども高級品になる。

 ミサワホームイングの「まるごとホームイング」は、同社が開発したリサイクル素材「M―Wood」を使う。40坪(同)で坪単価24万4000円。

 三和シヤッター工業の「ミチガエル」は、防犯性の高いドアなどを使う。40坪(同)以上の場合、坪単価は21万円。東京ガスリモデリングの「改装くん」は、標準仕様に床暖房や浴室暖房乾燥機を組み込んでいる。40坪(同)の場合、坪単価は23万円。

 また、マンションのリフォームに定額制を取り入れている会社もある。住友不動産と三和シヤッター工業は、1平方メートルあたり6万8250円(専有面積60平方メートル以上)で、壁や床、天井などをすべてリフォームする。水回りなどの設備品の取り換えも含んだプランは同10万前後となる。

 サービスを選ぶ際は、料金や工事内容のほかアフターサービスなども調べて総合的に判断したい。会社ごとにトイレやシステムキッチンなどに使う製品も違うため、自分の好みにあうか確認する必要がある。

 また、多くは定額料金以外に諸経費がかかる。金額は各社で異なるが、保険料や現場管理費など合計で本体金額の8~15%程度の場合が多い。金額や内容を事前に確かめると良い。

 また、工事中の騒音などを考慮して、工事中は引っ越すよう勧めている業者もあるが、費用は自己負担になるので注意が必要だ。

○定額制リフォーム商品
 主に、リフォーム料金の坪当たり単価を定額にするサービス。外壁の塗装や室内フローリング、クロスの張り替え、台所や浴室の刷新など一通りの内外装リフォーム工事が組み込まれている。建て替え料金の半額くらいで全面改装できるという。オプションを発注しない限り追加料金はかからず、通常のサービスと比べ料金が事前に確認しやすい。

(2007年6月5日  読売新聞)

[PR] 
  不動産用語集


PR

2007年06月21日  16時59分
<<メダカのゲノム解読に成功 | HOME |年金加入歴44年で受取額が増えるって本当ですか >>
TRACKBACK
トラックバックURL

<<メダカのゲノム解読に成功| HOME |年金加入歴44年で受取額が増えるって本当ですか >>
忍者ブログ[PR]